坪川 隆太
(ツボカワリュウタ)

4月25日生まれ
13歳の春にモーリスのフォークギターを手に入れ、その時からギタリスト人生をスタートさせる。半年後に夢にまでみたエレキギターを購入。 中学、高校時代はハードロック、ヘビーメタルのコピーに明け暮れる。その当時の自分にとってのギターアイドルは「ウォ―レン・デ・マルティーニ」 (バンドはRATT、とりあえずカッコイイんです) そして「ジョージリンチ」 (バンドはDOKKEN、泣きのギターソロにうっとり)
19歳の春に専門学校ESPミュージカルアカデミーに入学。 2年後に無事卒業。この2年間で音楽性の幅を広げる。
20代半ばからアーティストなどのライブサポート、レコーディングをするようになり、プロとしての活動を始める。
劇団四季ミュージカル「マンマミーア」、東京宝塚劇場オーケストラ、声優「森川智之」ライブサポート、バンド「スーパースタンダーズ」(アコースティックバンド)「チェンジオブザムーン」(イノセントグレーのライヴサポートetc)などジャンルの壁を越え多方面で活動中。